お客様の声

4 / 5ページ(全41件)
星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ あんころもち様
2016/06/10

よく言えば人懐っこくて、自分の言いたいこと、やりたいことだけで突っ走るタイプの息子。危険な場面も多々あり、ひとりよがりになりがちなので、よく言って聞かせるのですが、なかなか伝わり切れていない様子何度も同じことの繰り返し。DVDでは、自分がいつもしている行動をキャラクターが代わりにしているのを客観的に見るからでしょうか?口で説明するより、あっさりと理解ができるようです。不思議です。
DVDにあるような場面があると、〇〇だからやっちゃダメだよね。と自分で言ってやめたりします。
もうすぐ3歳の下の子(発達は平均)のルールの理解などにも役立っているようです。DVDの内容をもとに、お兄ちゃんに注意したりしています笑
同じシリーズのルール&マナーもほしいな、と思っています。

星1つ星1つ星1つ星1つ星なし さちこママ様
2016/03/25

人に対してグイグイいくタイプで、迷惑そうな顔をされてしまう年中の娘に。
お試しの動画を、何度もみたがるので、試しに購入。
どうして相手がそう思うのか、という点が理解できていないのか、何度説明しても、同じこと(相手の嫌がること)を繰り返して困っていました。
これを見てから、「どうして〇〇なの?」「あいちゃんが〇〇って、言ってたね」と。少し距離をもって相手を観察?できるようになってきています。

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 母様
2016/02/28

落ち着いて、よく見ています。内容的にも言葉で再確認している点が理解しやすく、フラッシュとの相乗効果が期待できると思います。

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ peppe 1様
2015/02/23

自閉傾向ある5才の息子に購入しました。
保育園で友達と関わる事が出来ず、先生としかやり取りができないのを心配していたところ、偶然このサイトに出会いました。
子供向けアニメも苦手な彼がサンプル動画に集中していたので、これは期待できるかもしれないと無料相談をお願いしました。
最初、この右脳の言葉だけを購入する予定でしたが、ステップ1から始めないともしかすると悪い例を覚えてしまうかもしれないとのことでしたので発達ティンカーベルクラスも同時購入しました。
そしてその言葉は正しく、お気に入りになってしまった内容は行動はしませんが口にすることがあったのではじめ気にはなりましたが、ティンカーベルも同時に見せていたおかげか「これはダメ」と正しい内容をすぐに口にできるようになりました。
DVD を見せ始めて1か月ほど経ちますが、まだお友達とのやり取りは難しいようですが先生からは「最近よく話してくれるようになったんです」の言葉をいただけました。
最近はDVD が届いた日を思い出して、「またピンポーンて鳴ってDVD がくるかな?」と期待している様子です。
早速、期待を裏切らないよう続きを見せる予定です。

星1つ星1つ星1つ星1つ星なし さっきゅん様
2015/02/17

小学1年の息子に購入。
入学後にてんかん診断と知的ボーダーで、自閉傾向と発覚。。
息子は、人と交流 が苦手、また、気を引きたいがために人が不快に感じる事を平気でします。(例えば人をひっかっく、髪をひっぱる)
療育機関に相談しても、手一杯と親自身が関わり方を勉強して下さいと丸投げされ、途方に暮れていたところ、このDVDにたどり着きました。
小さなころからDVDは好きだったのもあり、すがる形で購入したところ、面白がって視ます!!
食い付きがすごく、みたいと言うときにすぐみます。
6年生のお姉ちゃんも一緒になって、可愛いキャラにみいってます。
少し、自分の気持ちを言葉で表したり、人が嫌がる事など理解できてきてます。
一つの手段としてでは、ありますが、やはり購入して良かったと思ってます。
一つ星がつけれなかったのは、ずばりお値段がはるとこでした…

星1つ星1つ星1つ星1つ星なし ぱぱぱんだ様
2014/03/20

6歳女児と3歳男児で見ています。
最初から食いつきがよく、「愛ちゃん見たい!」と言ってDVDを持ってきます。
特に好きなのは対人関係と社会常識。この二つは、親もどう教えてよいか迷うようなことなので、親の勉強にもなりました。例えばよそのおうちに伺って、家の中が臭いなと思った時に子どもが「くさいね」と言ってはいけない理由、教えられますか? はげのおじさんに「はげ」と言ってはいけない理由。
子どもを注意した時「なんでいけないの?」と言われた時に、親も“うぐっ”と答えられずに困るような事を、とても上手に説明してくれているのです。
説明の仕方もそうですが、まず、こんなことも教えなくてはいけないのか!と思ったことも親が勉強になった事のひとつです。空気を読むって当たり前にやっていると、空気って?とか、読み方、とか教えるのが難しいのでそれを上手に教えてくれています。
発達障害だけではなく、どんな子どもにも見せて損はないと思います。

お店からのコメント
2014/06/17

兄弟で楽しく取り組めているようですね。
右脳の言葉で出てくるシチュエーションは、発達障害のお子さまを持つ親御さんたちが実際に遭遇したよくある困った場面を取り上げています。
おっしゃるように、自然と「空気を読む」ことで獲得してきたことは、実際に子どもに理由ややり方を説明するのが難しいですよね。DVDでは、キャラクターたちが実際にその場面を再現して見せてくれて、なぜいけないのかということを視覚的に教えてくれるので、子どもたちもすんなりと理解できるようになっています。
説明している言葉の使い方も、ソーシャルランゲージといって、発達障害の子どもたちに理解しやすい言語となっていますので、こちらもぜひ参考にされてみて下さい。

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ あいちゃん♪様
2014/01/31

とにかく、7歳の息子と5歳の娘がハマって何回も自分で再生して観ています。下の広汎性発達障害の娘用に購入しましたが、お兄ちゃんにも内容的に、人に対してのマナーなどを学べて役に立っているので、良いと思います。
娘はあいちゃんが大好きで、「あいちゃんのきもち~」と言いながら、あいちゃんのマネをしています。テレビを見ながら真似ることは今までなかったので、ビックリしました。IQ学園の方にも良い兆候だと言われ、その方が仰る通り、人への興味が出てきました。今保育園では一人遊びではなく誰かと一緒に遊ぶことに興味がでてきたと、保育園の先生に言われました。少しずつですが、日々成長して明るくなっていく娘を見て、私の心も明るくなったように感じます。とても感謝しております。時期を見て、コミュニケーションの教材もやってみようと思いますので、よろしくお願いします。

お店からのコメント
2014/06/17

娘さんが明るくなって、お母さんの心も明るくなってきた、というお言葉をとても嬉しく思います。
模倣ができたということは、一つ壁をクリアできているので、大きなステップアップです!
いま広がってきているお子さまの興味の幅を、広げてあげることがとても大切です。
お友だちにも興味が出てきているということなので、会話のスキルの教材も取り入れて頂いてもよろしいかと思います。
またお子さまの様子をご報告頂けると嬉しいです。一緒に頑張りましょう。

星1つ星1つ星1つ星1つ星なし シュテルン様
2014/01/19

子どもが相当気に入って見ています。
「社会常識(2)」にある「手をかして」を日常生活の中で自発したのを聞き、子どもの脳にインプットされていることを感じました。
ABAと併用するとよいのではないかと感じています。
今後も繰り返し見せていきたいと思います。
(星亮、注文番号 10000121)

お店からのコメント
2014/06/17

星様、コメントを頂ましてありがとうございます。
お子さまから具体的にDVDの内容を口にしている様子が見られているようですね!
視覚からの情報吸収が合っているのだと思います。
右脳の言葉で使用している、ソーシャルランゲージが、お子さまにとってとてもわかりやすいということかと思いますので、是非、日常生活の中でも、ソーシャルランゲージを取り入れ、親御さんも使ってみて下さい。
今後のお子さまの変化もまたご報告頂けると嬉しいです。

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ティファメロ様
2014/01/17

広汎性発達障害の4歳の息子です。
このDVDはお気に入りで、毎日欠かさず見ています。
見せてから4日目、今まではお菓子が欲しい場合は、「お菓子」と言って私をお菓子がある場所へ連れて行く、というような感じでしたが、「お菓子を下さい」と言って手を出してきました。それから、2語文がちょろちょろ出てくるようになったのです。
あと、コミュニケーションが苦手で、幼稚園でのお友達との関わり方が分からなかったのが、3週間が経ちますが、目に見えて、日々、変化を感じています。
このDVDは「お友達はどうおもっているの?」「お友達の気持ちを考えて」「どうしたらいいの」とキャラクターが問いかけてるというなかなかこういったDVDはなかっただけにとても助かっています。
息子にとってこういうパターンはいくつあってもいいのです。もっとこのシリーズをどんどん出して頂ければと思います。

お店からのコメント
2014/06/17

お子さまは、言葉の蓄積は少しみられるようですが、言葉の使い方がわからなくてコミュニケーションが取れなかったようですね。
右脳の言葉で使い方をシチュエーション別にインプットされたことで、発語が後押しされたのだと思います。自分の要求を単語で伝えるのではなく、きちんと文章にして「~下さい」と言えたのは素晴らしいですね。
単語だけでお子さまの要求を聞き入れてしまっていると、お子さまも文章にして話す必要がなくなってしまい、二語文へステップアップできなくなってしまいます。
できるだけたくさんの言葉の使い方をDVDでインプットしてあげて、お子さまがきちんと文章で話したときに要求を聞く、単語だけのときは文章にして言い直してあげる、などしてあげて下さいね。

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ひまわり様
2013/07/19

去年の秋、娘が自閉症スペクトラムと診断を受け、他害、暴言等に悩んでおりました。そうしたところ、こちらのDVDを知り、わらをもすがるような気持ちで、右脳6巻セットを購入させて頂きました。最初はなかなか嫌がって見なかった娘ですが、発達障害の子に合わせた内容がマッチしたのか、いつの間にか見たい見たいとせがむようになりました。今では、落ち着いてこのDVDを見る事ができています。有難うございました。

お店からのコメント
2014/06/12

お子さまの様子が少し落ち着いてきてよかったですね。
右脳の言葉では、悪い例といい例を出して、何がいけなかったのか、どうすればよかったのかを疑似体験させて理解させていきます。
お子さまの他害・暴言は、構ってほしいから積極的に相手に関わろうとするけど、関わり方がうまくいかずに、間違った表現方法となってしまった結果なのだと思います。
きっとDVDを見て、お子さまの中で気づきが出てきて、もっと吸収したい、という思いからDVDを見たがるようになっていると思います。
徐々に行動にも改善が見られてくるかと思いますので、取り組みを続けながら見守ってあげて下さい。

4 / 5ページ(全41件)